<伊勢茶>紺がすり姿で初摘み 三重・四日市のハウス(毎日新聞)

 伊勢茶の産地、三重県四日市市水沢町で9日、鉢植えの株をハウスで育てた新茶の初摘みがあった。紺がすり姿の農家の女性15人が、室温15度に保たれたハウスの中で、鮮やかな薄緑色の新芽を手で丁寧に摘み取った。

 生産から直売までを手掛ける「安田製茶」が、5月の露地物シーズンを前に毎年、ハウスでの茶摘みをし、伊勢茶をPRしている。この日収穫した茶葉は約20キロ。安田長功代表(44)は「2月上旬の冷え込みで葉は小ぶりだが、渋みの少ないお茶になりそう」と話した。【井上章】

【関連ニュース】
新茶摘み:静岡・島田のハウス茶園で始まる
新茶摘み:あれに見えるは、ハウス新茶摘み−−静岡・島田
新茶摘み:島田のハウスで始まる /静岡

議員の定数や報酬半減 河村市長案に民主猛反発(J-CASTニュース)
<福島氏>自衛隊は合憲 参院予算委で質問に「そうです」(毎日新聞)
24時間巡回型の訪問ケアがポイントに―宮島老健局長(医療介護CBニュース)
主に陸で活動した両生類=3億年前の化石発見−米国(時事通信)
大学生の就職内定率、過去最低の80・0%(読売新聞)
[PR]
by uykvxe5jyv | 2010-03-16 21:17
<< 外交文書「30年で公開」、外務... 鳩山首相の公邸入居費を「過少申... >>