健保利用者の統計作成、東京の会社が破産手続き開始(医療介護CBニュース)

 健康保険利用者の統計データの作成などを手掛けていた東京都新宿区の社会保険統計調査会(千葉良信代表)が、2月24日付で東京地裁から破産手続きの開始決定を受けていたことが分かった。同社は、旧社会保険庁(現日本年金機構)からの委託で「ねんきん特別便」事業を行っていた。帝国データバンクによると、負債総額は昨年3月末時点で約3億円。

 帝国データによると、同社は1964年6月の設立。旧社保庁を中心に、関東の区・市役所や健保組合なども得意先とし、健保利用者の疾病統計の作成や健保番号の配列作業、年金関係通知の発送業務などを行っていた。2004年3月期に約8億4700万円だった年収入高は、同庁の不祥事の影響や価格競争の激化で、09年3月期には約5億400万円にまで減少した。


【関連記事】
「吾妻中央病院」を経営、群馬の医療法人が民再申請
千葉の光洋会が民事再生手続き開始決定
「日本複合医療施設」が破産手続き開始―都内で医療モールを運営



<囲碁>本因坊戦 挑戦リーグの結果 25日(毎日新聞)
満潮、大潮で一層の警戒を=気象庁(時事通信)
小笠原諸島の南鳥島に津波第一波、10cm(読売新聞)
【核心】法政大中学高校「常軌逸した」体罰なぜ…(産経新聞)
チリ地震、邦人32人の無事確認=岡田外相(時事通信)
[PR]
by uykvxe5jyv | 2010-03-06 03:08
<< あかつき、5月18日打ち上げ=... 心神喪失で不起訴から、責任能力... >>